*72 cafe*

natsupu555.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 03日

鞆の浦の話

e0230318_9423964.jpg


1867年、坂本龍馬も乗っていた船がこの沖で沈没したとか。
室町幕府の終わりには、権力を失った足利将軍がこの地に住んでいたとか
厳島神社を建てる候補地にあがっていたとか
さらに遡れば、奈良時代を生きた大伴旅人もここで詠んだ歌が残っていたり。

歴史の要所要所で
地味に名前が残ってる古い港町です。


e0230318_10152226.jpg



初めて、ここに来た時
素直に感動しました。

仙人も酔う美しさ、というところから「仙酔島」ですって。

e0230318_10253365.jpg

そして、いまだに『ポニョ』が増えてる現実・・・

ここは『崖の上のポニョ』の舞台とも言われています☆彡













e0230318_941833.jpg



やっぱり、この常夜灯の後ろに
海を埋め立てた橋を造って車が往来する景色ってあり得ないな。


だけど、ここの町の人たちは
私の地元の倉敷美観地区の人たちと違って
古い自然や景観を守って、観光地として生活しようとは
思っていないようで。


私は現市長とゼネコンが押せ押せで推進してるのかと思っていたけど


どうりで絶好の観光誘致の機会だったはずの
「ポニョ」や「龍馬」のブーム時に
宣伝に消極的だったわけだ。


『生活優先』

と大きな旗まで貼って観光客もドン引きするよね。

人口が減少したのは、架橋計画が進まないせいだとも
言っているようだけど・・・



でも一度壊したらどんなものでも、元通りに戻すことって
本当に難しいことで。
そして、残して守ることって
壊して新しくすることより、とても難しいことで。


正直、海を壊して莫大な血税使って海に道路を通したところで
鞆の町に人口は増えないだろうと思う。
道が完成したからって、鞆に帰ってくる人も少ないと思う。

豊かになるな、と言ってるのではなくて
それが本当に代償に見合った豊かさを与えるものかどうか
疑問に思う。


漁師も少なくなったから、海は要らない
ではなくて。

でも、同じ市民ではあるけど
この土地に住む人間ではないから、やっぱり外野は黙るしかないか(´;ω;`)
[PR]

by natsupu555 | 2012-03-03 10:29 | つぶやき


<< 泥んこ♪      着信・・? >>